早稲田大学法学部

 国立志望で勉強していたのですが第一志望の大学に落ちて、第二志望の早稲田大学法学部へ進学しました。

 国立が第一優先だったため、センター試験と二次試験の勉強がメインになっていて、早稲田対策としてはとにかく過去10年分の赤本を解いただけです。ですが、大学の学部毎には試験の傾向があるので、国立用の勉強と並行して過去問を解いただけで十分試験対策にはなったと思います。

こちら



 結果的に第一志望ではなく第二志望の早稲田の法学部に進学したのですが、大学に入学してからは早稲田で良かったなと思っています。早稲田のバンカラな校風は自分に合っていたし、新宿区の都会にありながら緑と歴史が多いキャンパス(狭いけど)で、濃いキャラの友達と勉強したり飲んだり遊んだりした大学時代はとても素晴らしいものでした。

こちら

また早稲田はマスコミ系の就職にも強かったので、就職活動においても有利な状態で活動できて満足する就職先に入ることが出来たので、早稲田の法学部卒を誇りに思っています。

こちら



 早稲田には、1浪や2浪、2浪以上の人も多いです。でもそうした浪人を重ねた人に限って早稲田が第一志望で、現役で早稲田に入学した人は国立が第一志望だったという人が多いように思います。早稲田に入りたいのであれば、早稲田一本とせずに国立を目指しながら早稲田の過去問を解いて試験対策をするというのが、案外「鍵」なのかもしれません。

こちら



 早稲田に入ると学生時代はとにかく勉強と遊びで充実するし、就職活動も満足行く結果を残せるし、社会に出てからも早稲田OBに可愛がってもらったりと、良いことがずっと続きます。是非、早稲田一本の勉強法をせずに広い視点を持って勉強して、結果早稲田に入れるように頑張って欲しいと思います。


こちら-こちら


  次のページへ>>